14日に木星が魚座に入ってしばらく経ちますが、皆さんいかがお過ごしですか?

占星術的に大きなイベントであることに加えて、そう言えば私の木星星座は魚座であった…と、この期間どんな事が起こるかわくわくしています。

改めて解説すると木星は1年かけて1つの星座を巡ります。
木星って社会のトレンドを表したりするんだけど、今回スピリチュアルや優しさ、奉仕の魚座に滞在しているので、目に見えない世界が主流になってくるんじゃないかなーって思ってます。

実際ネットニュースで占い市場がこのご時世からか、伸びてきているという記事も目にしました。

魚座の支配星である海王星も今魚座にいて活性化中で、こちらの滞在期間は2021年2月4日から2026年1月27日。
やはりスピリチュアルやアセンション、引き寄せといった分野はあと数年ムーブメントになりそう。

更に魚座はワンネスや分かち合いの精神。
こういった心や目に見えない感性を磨くのと、そうでないとでは木星魚座期の乗りこなし方が格段に変わってくると思います。

そして魚座はお酒も表す星座。

水瓶座の土星がお酒を制限している今の現状がホロスコープから見て取れますが、制限されながらも拡大の木星(お酒飲みたい民意やソーシャルディスタンス疲れで人と分かち合いたい気持ち)がむくむく拡大していく…これがどう出るかって感じ。

あとは皆んながやってるから私もやらなきゃいけないのかなという、世の中の風潮やニュースなどの社会情勢に流されそうになることも。
同調圧力ってやつ?
どんな時も自分の感覚や軸をしっかりと!
特にこの1ヶ月はご注意を。

ちなみに木星魚座期は一旦7月28日で終わりますが、ここで2021年始めの雰囲気に戻ってくるのかな。

写真は大きな大きな小豆島大観音像と夜中に特別参拝させていただいた浪切不動明王。

浪切不動明王は洞窟の中にいて、人生を切り開くパワーを与えてくれます。

切り開いていこ⚔